top of page
FP002490.jpg

 

SHA-KO-SEKI in Futaba
 

I have created 300 "SHA-KO-SEKI", themed on the sea in Futaba-machi, Fukushima Prefecture, Japan. This project was part of the "Messenger in Residence" program organized by Team Hiraku Futaba for the fiscal year 2023. I visited the site at the end of February and then created the pieces in my atelier. This town was one of the areas that had been designated as a difficult-to-return zone and off-limits for nearly 11 years due to the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident that occurred in March 2011. Many people suddenly lost their homes and had to leave this place. I decided to create a work of art based on the theme of the sea in order to provide them with emotional support, even if only in a small way. The finished work was to be installed in the town hall. Not only former residents of the town, but also anyone who visits the town can exchange letters with the artwork, writing about their memories of the town. I hope that many people will know about the present situation and the future of Futaba Town through this artwork.

 

 

 

双葉の写光石

福島県双葉町の海をテーマにした「写光石」を300個制作した。これは、チーム・ヒラクフタバが企画した2023年度の「メッセンジャーインレジデンス」の一環として行われたプロジェクトである。私は2月末に現地を取材、その後アトリエで作品を制作した。この町は2011年3月に発生した福島第一原発事故の影響で、11年近くも帰還困難区域に指定され立入禁止となっていた地域の一つである。多くの人が突然故郷を失い、この場所を離れる必要があったのだ。微力ながら、彼らの心の支えとなるような作品を届けたいと思い立ち、この海を題材に作品を制作することにした。出来上がった作品は町役場に設置することにした。元町民だけでなく、この町を訪れた人なら誰でもこの町の思い出を書いた手紙と作品を交換することができる。本作品を通じて、多くの人々に双葉町の現状と未来について知ってもらえることを期待している。

 

Episode
 

Futaba Town, once bustling with life, became deserted after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident triggered by the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011. I must confess, I remained oblivious to the gravity of the situation until I was invited to join this program.

Recently, I visited Koriyama Beach, just a short drive east from Futaba Station. The once lively sandy shore facing the Pacific Ocean now appeared somber, with its darkened hue, and the sea wore a tense, leaden color. This beach used to be a summer destination for families, a place for daily strolls, perhaps even a site for heartfelt promises. Many were abruptly forced to abandon such cherished memories, and there are still those who cannot or choose not to return home. Witnessing this, I couldn't simply turn a blind eye. A sense of loneliness and sorrow enveloped me as I captured moments with my camera.

"Don't forget your hometown's sea. Even if you wander far, it will always watch over you. Don't worry." These words echo the sentiments of the townsfolk who reluctantly left their beloved shores. I felt a calling to this sea, to create and share artwork that could offer solace to their weary hearts.

 

 

 

双葉町は2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原発事故により、12年余り避難指示が出され立入が禁止されていた地域の一つである。私はこのプログラムに招聘されるまで、恥ずかしながらその経緯と現状を全く知らなかった。

 

取材で訪れたのは双葉駅から車で10分ほど東に行った所にある郡山海岸だった。太平洋に面した砂浜は黒っぽく、海はきりりと緊張感のある鉛色をしていた。夏になると海水浴に来た家族、毎日の散歩が日課だった人、この場所に何かを誓った人だっていたかもしれない。そんな思い出の詰まった場所を突然去らなくてはいけなかった人たちが大勢いたこと、そして今なお故郷に帰れない、帰らない選択をした人がいること。決して他人事で済ませられない、とても寂しく切ない気持ちになりながらカメラのシャッターを切った。

「故郷の海をどうか忘れないで。あなたが遠くに行ったとしても、この海は見守ってくれるから。大丈夫。」悔しくもこの場所を去ることを余儀なくされた町民の方たち。彼らの心の支えとなるような作品をつくり、届けること。そのために私はこの海に呼ばれた気がした。​

 

Fieldwork
 

 

 

 

[About the location of the artwork]

The works will be installed in public facilities in Futaba Town Hall mid-April 2024. You can take one of the artworks home in exchange for a letter you write about your memories of this town at the site. Please fill out the designated form and drop the letter in the dedicated box. Your letter may be included in a collection of your work and shown to the public. Please understand this beforehand. For more information, please contact the Hirak Futaba Secretariat.

 

Hirak Futaba Secretariat

E-mail: info@hiraku-futaba.jp

Website: https://www.hiraku-futaba.jp

【作品の設置場所について】

作品は2024年4月中旬頃に双葉町役場に設置予定です。現地でこの町の思い出を書いた手紙と引き換えに、作品を1点お持ち帰りいただけます。手紙は所定の用紙に記入し、専用の箱に投函してください。頂いた手紙は作品集に収録し、一般に公開する場合がございます。予めご了承ください。詳しくはヒラクフタバ事務局までお問い合わせください。

ヒラクフタバ事務局

E-mail:info@hiraku-futaba.jp

ウェブサイト:https://www.hiraku-futaba.jp

bottom of page